家に必要なベッドの選び方

ベッド

フロアーベッドをこれから購入する方へ

ベッドが欲しいときは脚の低いフロアーベッドがおすすめです。フロアーベッドなら床と距離が近いため寝相が悪くてベッドから落ちたとしても怪我をする可能性が極めて低い傾向にあります。また高さがないことから立つことや座る動作も苦痛に感じず、楽に行なうことができるでしょう。フロアーベッドは年齢を重ねて腰を痛めやすい高齢者にも最適なベッドであるといえます。また子供の危険防止にも役立つので、安全性のある日常生活を送りたいならベッド選びはフロアーベッドを選びましょう。

どのベッドにするのかを決める際は形状を見ていく

フロアーベッドのように低い位置にあるベッドだけではなく、二階式のロフトベッドや通常のベッドなどから選べますが、それぞれの特徴を把握してからベッド選びをするようにしてください。ベッドは睡眠をとるだけではなく、日常生活の中で少しリラックスをしたいときに活用することもあります。いつでも快適に過ごせるようなベッド選びをするようにしましょう。ベッドの形状を見て自分はどのベッドの方が過ごしやすいのかをまずは想像してみてください。

ベッドのサイズを決めていこう

通常のシングルやダブルサイズの他にも、そのベッドで寝る人数によってもサイズ選びが異なります。もし他人数で一緒に寝る予定ならキングサイズなど幅にゆとりがあるものを選ぶと良いでしょう。そうすれば家族みんなでゆっくりベッドの上で眠ることができます。キングよりももっとサイズを大きくしたいときはジョイントサイズを選ぶこともできますが、サイズが大きくなるごとにつれてベッドにかかる費用が高くなるので注意しましょう。

どれくらいの長さのベッドにするのか

フロアーベッドはサイズだけではなく長さも様々な形のものがありますが、一般的なベッドの長さとしては200cm未満だとされています。平均の長さが設定されているので、一般のベッドの長さを中心に自分の部屋にどのくらいの長さのベッドを配置するのかを考えておきましょう。部屋の間取りによって長さを変更するのも良いです。幅が狭いのに長さのあるベッドを購入すると部屋とアンバランスになってしまう恐れがあるからです。また自分自身の身長に合わせてベッドのサイズを選ぶと、余分なスペースをつくることなく身体の大きさに適したベッドを購入することができます。

見た目を重視するなら色も見てみよう

各種のベッドにはカラーデザインがいくつもありますが、5種類や7種類などの数のデザインがあることが多いです。10種類以上のデザインがあるフロアーベッドは少ないですので、デザインを重視している人は色が豊富に取り揃えられているベッドを選ぶようにしましょう。ベッドの色合いによって印象を大きく左右するので、部屋とマッチした色合いにしたいなら不自然にならないような色を選択してください。フロアーベッドの人気色は落ち着きのあるブラウン系の色だとされています。

広告募集中